健康の為のおなかダイエット@お腹は見た目だけの問題ではない!

健康の為のおなかダイエット@お腹は見た目だけの問題ではない!

ぽっこりお腹

シッカリと運動したりダイエットしているのに、なぜだかなかなかお腹だけはしまらない、痩せないって人はけっこういると思います。お腹のお肉は、一度ついてしまうと、なかなか取れないんですよね。 しかも、ほかの身体の部分と違ってお腹周りの脂肪が増えると病気の原因にもなってきます。つまり見た目だけでなく健康面でも腹部の脂肪やたるみは危険なのです。

 

お腹が太るとどうなるの?

お腹が出るといっても単純に脂肪が付くからだけとは限りませんが、ぽっこりお腹になることによって気をつけなければいけないのが成人病と腰痛です。

 

■成人病とは、おもに40代以上の成人がなる糖尿病や高血圧、高尿酸欠症など生活習慣病なのですが食生活の欧米化や交通網の発達や便利な家電によって若い世代でも最近はこの成人病が発症するケースがあります。メタボ(メタボリックシンドローム)が原因でこういった成人病を引き起こす事があるので十分に注意してください。

 

■腰痛は、色々な原因がありますが、ぽっこりお腹によって背骨が前に引っ張られ「反り腰」になっていて腰痛を引き起こすことがあります。脂肪だけが原因ではなく、腹筋が弱いことでも引きおこされます。ただでさえ脂肪が付いている上に腹筋が弱いとさらにお腹が前に、そして下にとせり出してきますので、見た目でも腰に対する負担でも悪影響なワケです。

 

そして、そういった状態が長く続けば、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの原因にもなります。

 

ぽっこりお腹をトレーニングでスッキリ

腹筋と簡単に言っていますが、実はお腹は複数の筋肉で包まれているんです。
腹直筋(一般的にいわれる腹筋で上部と下部で鍛え方が違います)・腹斜筋(お腹の横側にアリここが締まるとくびれになります)・腹横筋(俗に言うインナーマッスルです)、これらの筋肉によって腹部は包まれていますので、上手に鍛えて引き締まったお腹にしないといけません。

 

クランチ

腹直筋(上部)・シットアップ

シットアップはおもに腹直筋の上部を鍛えるトレーニング方法です。
足を軽く曲げゆっくりと息を吐きながら上体を起こしていきますが、その際に身体を丸めるように上げていくとさらに効果的です。

 

レッグレイズ

腹直筋(下部)・レッグレイズ

レッグレイズは普段鍛えにくい腹直筋下部をトレーニングできます。そして腹直筋だけでなく大腰筋は腰椎から大腿骨にまたがる腸腰筋(インナーマッスル)も同時に鍛えられるので下にたるんだ脂肪や内臓を正しい位置に戻すのに効果的です。

 

足を上げる際には背中が反りすぎないように気をつけてくださいね!

 

ツイスト

腹斜筋オブリーク・クランチ

オブリーク・クランチはサイドベントとも呼ばれ、外・内腹斜筋を鍛えるトレーニング法です。

 

後頭部を浮かせ膝はシットアップ同様に軽く曲げておきます。
手を後ろに組んで、上体を軽く起こしながら巻き込むように身体を横にねじります。

 

でも、腹筋を鍛えただけでは脂肪は落ちませんので注意してくださいね!
あくまでも腹筋が弱いせいでお腹がせり出している場合に効果があるので、脂肪については食事療法や有酸素運動で減らしてください。

 

女性は注意ニセぽっこりお腹

女性でたまにぽっこりお腹だと思っていたら、実は「子宮筋腫」だったというケースがありますので注意が必要です。

健康の為のおなかダイエット@お腹は見た目だけの問題ではない!関連ページ

ぽっこりお腹はなぜおこる?
ぽっこりとしたお腹はなぜなるのか?身体の他の部分が太ってないのにお腹だけが出てることないですか?
皮下脂肪と内蔵脂肪
お腹周りダイエット、上手くいってますか?正しいお腹周りダイエットの知識がないとかえって太ってしまうことも?!
メタボの基準
今さら聞けないメタボの基準。自分はメタボなの?って気になったら見に来てくださいね!
メタボの危険性
メタボが引き起こすさまざまな病気の危険性を紹介。