メタボの危険性@色々な病気を引き起こす原因となってしまいます

メタボの危険性@色々な病気を引き起こす原因となってしまいます

メタボの危険性

メタボになるとどういった危険性があるのでしょうか? メタボは、色々な病気を引き起こす原因となる動脈硬化と深く関係しています。

 

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などが溜まると、詰まったり、 硬くなったりして弾力性や柔軟性を失い、スムーズに血液が流れなくなります。 そして、コレステロールなどの血液の脂質が原因で、動脈の酸素や栄養が不足したり、 高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い、 硬くもろくなってしまうのです。このような状態を動脈硬化といいます。

 

動脈硬化になると、日本人の三大死因である「癌」「脳卒中」「心臓病」になりやすくなります。 その中でも心臓病と脳卒中は、動脈硬化が要因となる病気です。 また、脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害や、心筋梗塞などの心疾患になる危険性が極めて高くなり、 命にかかわる病気を急速に招くことになります。

 

メタボになると、糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、 内臓脂肪型肥満をベースにいくつも症状が重なってしまうと動脈硬化を進行させることになります。 そして発症リスクは、普通に発症する生活習慣病よりも、何倍〜何十倍にも膨れ上がってしまうのです。

 

「高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満・・?」「症状が何もないから自分は大丈夫!」と思っていても、 メタボの危険は誰もがなりやすく、とても身近な物なのです。 毎日の食生活や運動などに、メタボになる原因は潜んでいます。

 

メタボに無関心で、対策を何もしないでいると、気づいた頃には・・・。 そして、厄介なことにメタボも生活習慣病も、病気になり始めの頃は症状が現れにくく、 「あれ?」と自覚症状があらわれた頃には、かなり病気が進行している事が多いのです。 メタボにならないためにも、早めのメタボ対策を行いましょう!!

メタボの危険性@色々な病気を引き起こす原因となってしまいます関連ページ

ぽっこりお腹はなぜおこる?
ぽっこりとしたお腹はなぜなるのか?身体の他の部分が太ってないのにお腹だけが出てることないですか?
皮下脂肪と内蔵脂肪
お腹周りダイエット、上手くいってますか?正しいお腹周りダイエットの知識がないとかえって太ってしまうことも?!
メタボの基準
今さら聞けないメタボの基準。自分はメタボなの?って気になったら見に来てくださいね!
健康の為のおなかダイエット
何かと気になるお腹まわり。でもぽっこりお腹がなかなか引っ込まないですよね。