ぽっこりお腹と骨盤のゆがみ!

ぽっこりお腹はなぜおこる?腹筋が弱くなると骨盤がゆがみます!

ぽっこりお腹

ぽっこりお腹ってご存じですか?そしてあなたは、ぽっこりお腹ですか?

 

ぽっこりお腹とは全身が特に太っているわけでもなく、体重もそれほどなく、普通体もしくはやせ形に見えるのになぜだか、お腹だけが「ぽっこり」とでている、そんなお腹のことです。

 

ぽっこりお腹のやっかいなところは単純なダイエットではなかなか変化がない、しまってこないのです。

 

お腹が出てるからと章くじを減らしたり、その他のダイエットをやってみたい。でももしあなたがぽっこりお腹だったらかえって太ってしまうかもしれません

 

ぽっこりお腹にはぽっこりお腹の原因があるのです。

 

ですから自分がぽっこりお腹かしっかりとチェックして対処していきましょう!

 

ぽっこりの原因

●胃腸系の慢性的な不調
先天的な体質面で、ストレスで生活リズムの変化や冷暖房による自律神経の不調。食生活や食のバランスの乱れ。

 

こういったことによる消化不良や便秘でお腹が張った状態になり腹部が拡張してぽっこりお腹になっている人もいるのではないでしょうか?
□3日以上便が出ていない。
□ガスがたまりやすい。
□毎日便は出ているけれど、何かスッキリしない。(残便感がある)
□お腹がいつも張った感じがする。
□腸のあたりを押すと硬い異物感がある。

 

こいったことが複数当てはまるようであれば、ぽっこりお腹を疑った方が良いです。

 

便秘というのは必ずしも毎日でているから私はそうではない、ではなく食べてモノがちゃんと消化されどれ位の時間で排泄されているかが大事なんです。

 

つまり、あまりに便が詰まりすぎていてところてんのように押し出されているから毎日排便があるが実は数日前に食べたものが今日ようやくでていると言ったことが以外とあるのです。

 

その為、便秘にもかかわらずそれに気がつかない人がいます。

 

排便があってもすっきり感がなかったり、残便感があったり下半身が張ったような感じがする人は、便秘等の胃腸系の不調によるぽっこりお腹を疑ってみましょう。

 

●筋力の不足
筋力の不足、コレはおもに腹筋が弱いことに夜内臓の下降やそれに伴う内臓脂肪・皮下脂肪の増加や骨盤がゆがむことで、お腹全体が前に出てきている場合があります。
□普段、同じ姿勢を長く続けることが出来ない。
□猫背である。
□胃下垂と言われたことがある。
□痩せ型である。
□腰痛持ちである。
□便秘がちである。

 

上記が複数当てはまる人は要注意です!!

 

腹筋やその内側のインナーマッスルが弱くなってくると正しい姿勢が維持できず内臓が下がってきたり骨盤が狂ってきたりします。

 

そして、下がってきた内臓は背中側は背骨があり後ろには出っ張れないので前に出る、その結果として背骨が前に引っ張られてさらに腹部が前に出っ張る。

 

こういったことでも、ぽっこりお腹はひどくなっていきます。

 

ぽっこりお腹はなぜおこる?腹筋が弱くなると骨盤がゆがみます!関連ページ

皮下脂肪と内蔵脂肪
お腹周りダイエット、上手くいってますか?正しいお腹周りダイエットの知識がないとかえって太ってしまうことも?!
メタボの基準
今さら聞けないメタボの基準。自分はメタボなの?って気になったら見に来てくださいね!
メタボの危険性
メタボが引き起こすさまざまな病気の危険性を紹介。
健康の為のおなかダイエット
何かと気になるお腹まわり。でもぽっこりお腹がなかなか引っ込まないですよね。